「Uber Eats」で注文するには?使い方や、登録方法についてご紹介

フードデリバリー

アプリを登録するだけでお家や公園どこでも好きな場所でお店の料理をデリバリーすることができる。
それが「UberEats」なら可能です。

今回は「Uber Eats」についての簡単なご紹介とアプリの使い方について説明していきたいと思います。

アフィリエイトのアクセストレード

【Uber Eats】について

Uber Eats は、 Uberが2014年に立ち上げたアメリカのオンラインフード注文・配達プラットフォームで、カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く。 2016年には、日本でもサービスが開始された。

出典:ウィキペディア

ざっくりと説明すると、出前サービスのことです。
しかし、普通の出前と異なる点は主に以下の3点です。

・出前サービスはそのお店の従業員が行うのではなく、一般人が出前を行う仕組み
・提携しているお店ならどこのお店でも注文可能
・お家だけでなく、公園など好きな場所に出前可能

【Uber Eats】対応エリアについて

全国47都道府県に対応しています。

しかし、それぞれの都道府県全域で対応しているわけではなく、市によっては対応していないエリアがまだある様なので、ご注意ください。

【Uber Eats】加盟店舗について

加盟店舗数は、15万店舗以上となっています。
※2022年1月24日時点

加盟店は主に超有名チェーン店から、個人経営のお店まで幅広く提携しています。
以下の画像のように、自分の住所を登録すると、その近辺のお店がおすすめで一覧表示されます。(都心は無限に出てきます。)

【Uber Eats】配送手数料や最低注文金額は?

配送手数料は、50円から550円になります。
※注文先のお店が遠いほど、手数料も高くなります。

最低注文金額はなし。
※もちろんコーヒー1杯からでも注文できます。

配達距離や、アプリ内の特典などで、配達手数料が安くなっていたりするので、
注文する際には、以下の画像の赤枠の部分をよく見てお得に注文しましょう!

【Uber Eats】アプリの始め方、使い方、登録方法について

以下の5つのステップでUber Eatsアプリを使い、注文することが出来ます。

①アプリをダウンロード

➡︎以下の「App Store /Google playボタン」から「Uber Eats」をダウンロード

②アプリを起動し、初期設定を行う

➡︎アドレス、配達先など基本的な情報を入力。このあたりは画面の指示通りに進むだけなので、特に迷うことはないでしょう。
※配達場所として自宅を登録しておけるほか、注文ごとに公園や友達の家など、任意の場所を登録して注文できます。

③好きなお店を検索して選択する

➡︎マクドナルドなどの有名店はアプリ起動時に一覧におすすめで自動的に表示されます。
一覧から選んでもいいですし、検索して選ぶことも可能です。
※遠すぎるお店は選択できないようになっています。

④商品を選択し、「カートに追加」をタップする

➡︎お好きな商品を選択し、カートに追加します。

⑤配達の詳細を設定して注文する

➡︎商品の受け取り方法は、下記の3点から選び、注文を確定します。
・「玄関先に置く」
・「玄関先で受け取る」
・「外で受け取る」

まとめ

今回は「Uber Eats」の始め方についてのご紹介でした。

他にも色々なデリバリーサービスが参入してきているので、比較してみてはいかがでしょうか?

「Uber Eats」3200円OFFクーポン情報もありましたのでチェックしてみてください!
【5月14日最新】3,200円OFFクーポンあり!お得すぎるUberEatsクーポン獲得方法

最後までご覧いただきありがとうございました!

アフィリエイトのアクセストレード

コメント

タイトルとURLをコピーしました